評価サイト運営大手の美団点評は11日、2018年12月期本決算を発表した。売上高は前年比92.3%増の652億元(約1兆780億円)となったが、18年に買収した自転車シェアリングサービスの「モバイク」の不振などもあり1154億元の最終赤字となった。前年は189億元の最終赤字だった。