中国外務省は10日から日本人が旅行、友人訪問、乗り継ぎなどで中国を訪問する際の査証(ビザ)免除措置の一部を一時的に停止した。中国は国内での封じ込めが成果を上げつつあることから新型コロナウイルスの逆輸入を警戒しており、日本への水際対策を強化した形だ。商用と親族訪問はビザ免除が維持されるが、中国に発行した書類の原本提示が必要となる。