複数の中国メディアは家電大手の康佳集団が金融投資会社の中信控股などと10億元(約155億円)規模の投資ファンドを組成すると伝えた。半導体、デジタル消費産業への投資を加速する狙いという。