界面新聞は中国の通信機器大手華為技術(ファーウェイ)が独自の検索エンジンの開発を進めているようだと伝えた。同社は米国製品の禁輸措置対象となっており、米グーグルの検索エンジンが利用できなくなる事態への備えとみられる。