中国政府は2月25日、康希諾生物(カンシノ・バイオロジクス)と中国医薬集団(シノファーム)傘下の武漢生物製品研究所による新型コロナウイルスのワクチンについて承認したと発表した。カンシノ製品はウイルスベクターワクチンで、武漢生物製品研究所は不活化ワクチン。中国で承認された新型コロナワクチンは計4種類となった。