25日付の経済日報によると、EMS(電子機器の受託製造サービス)の台湾大手5社が台湾や東南アジアなど中国本土以外での生産を拡大している。和碩聯合科技がインドネシアのバタム工場での生産に踏み切ったほか仁宝電脳工業、英業達、緯創資通、広達電脳がそれぞれインドや台湾などに生産をシフトしているという。