中国政府は2月21日、春節(旧正月)に伴う連休(11~17日)のスマートフォンのデータ通信量は前年比23.4%増の357万3000テラバイトだったと発表した。政府が帰省や移動の自粛を呼びかけたことを受け、短時間の新年のあいさつ動画をSNS上にアップしたりお年玉をネットで送ったりする人が増えた。人民日報などが伝えた。