車載電池大手の寧徳時代新能源科技(CATL)は電力関連の調査や設計を手掛ける福建永福電力設計と合弁会社を設立すると発表した。太陽光発電や蓄電などを通じたスマートエネルギー分野での取り組みを加速する。CATLは昨年12月に永福に出資していた。新華社などが2月5日に伝えた。