中国スマートフォン大手、小米(シャオミ)の中国国内向け製品が「GMS」と呼ぶ米グーグルのアプリ群をインストールできなくなったと複数の中国メディアが伝えた。中国国内ではグーグルのアプリの使用が制限されているが、これまでインストールすることは技術的に可能だった。小米は「コンプライアンス上の理由」と説明している。中国メーカーでは華為技術(ファーウェイ)のスマホが、米禁輸措置の影響によりGMSを搭載できなくなっている。