騰訊控股(テンセント)は2月3日、北京字節跳動科技(バイトダンス)から独禁法違反で提訴されたことに対して「バイトダンスの指摘は事実に反しており、悪意によってぬれぎぬを着せるものだ」と反論した。バイトダンスはテンセント製SNSにおいてバイトダンス製アプリ関連のシェアができなくなっていると指摘している。テンセントはバイトダンスが個人情報を不適切に収集しているとして、逆にバイトダンスを提訴する考えを示した。複数の中国メディアが伝えた。