天津中環半導体は2月2日、寧夏回族自治区銀川市に太陽光発電用単結晶シリコン素材の生産工場を建設すると発表した。投資額は120億元(約1950億円)。親会社の天津中環電子信息集団は昨年9月までに中国家電大手のTCLの傘下に入っていた。