香港経済日報などによれば、香港のサイバー・ゲームズ・アリーナ(CGA)は29日、ゲーム競技「eスポーツ」でアジア最大級となる施設を九龍・旺角に開設した。毎年150余りのイベントを開催し、年間120万人の来場を見込む。延べ床面積は2万5000平方フィート(約2322平方メートル)で、計150台のゲーム用パソコンを設置した。投資額は3000万香港ドル(約4億1700万円)。