北京日報によると北京市は24日、市内6地区に深夜営業を行う飲食店街「深夜食堂」を設置すると明らかにした。夜間消費の活性化を促すことにあわせて24時間営業のコンビニエンスストアの建設を支援すると同時に、ショッピングモール、スーパーマーケット、レストランなどの適切な夜間営業時間を促進する方針という。