中国華為技術(ファーウェイ)はハイエンドスマートフォン事業を売却するとの報道を否定した。複数の中国メディアが1月27日に伝えた。同事業を巡っては一部メディアが上海市政府系企業連合への売却交渉を進めていると伝えていた。ファーウェイは米国から事実上の禁輸措置を受けて半導体調達が困難になったことから、中下位のスマホ事業に関しては深圳市政府系企業と販売店の企業連合に売却している。ハイエンドスマホ向け半導体に関しては、当面の間在庫でまかなう計画だ。