電子機器の受託製造サービス(EMS)世界最大手、台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業は16日、欧米自動車大手フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)と電気自動車(EV)の開発・製造を手掛ける合弁会社を中国に設立すると発表した。出資比率はFCAが50%で、鴻海は4割を超えない見込みという。