11日に投開票された台湾の総統選挙で与党・民主進歩党(民進党)の現職、蔡英文総統が過去最多得票で再選を決めた。中国が一国二制度を用いて台湾を統一する方針を示し、民主化運動が盛り上がっている香港にも強硬姿勢をとっていることなどへの反発が、対中強硬路線をとる民進党を後押しした。