中国衛生当局は1月9日、一般市民に新型コロナウイルスのワクチンを接種する際は無償とすることを明らかにした。現在は医療関係者や空港職員、物流関係者、海外出張者などへの接種を実施しており、今後一般市民へと拡大する計画。