新華社は、中国商務省が2019年の商務行政を総括して20年の方針を決定する「工作会議」を北京市で開いたと伝えた。前年割れが続くなど低迷する自動市場へのてこ入れを図っていくことなどを確認した。