中国電池大手の寧徳時代新能源科技(CATL)は2020年12月29日、計390億元(約6170億円)を投資して電池生産能力を増強すると発表した。福建省寧徳市、江蘇省溧陽市、四川省宜賓市の3拠点が対象。