1. TOP
  2. 上海支局
グローバルダイジェスト
上海支局
  • ファーウェイ、米国の禁輸措置拡大に反発

    中国の華為技術(ファーウェイ)は19日、米国政府が同社の関連会社46社を事実上の禁輸措置の対象とする「エンティティーリスト」に追加する方針を示したことについて、反発する声明を発表した。「明らかに政治的な動きで、米国の国家安全とはまったく関係がない」と非難し、リストから外すよう求めた。

    2019.08.20 14:25
  • 深圳を先行モデル区に、香港の位置付け揺らぐ

    中国政府は18日、広東省深圳市を「中国の特色ある社会主義先行モデル区」に指定した。抗議デモが長期化する香港の位置付けが一層揺らぐ可能性がある。

    2019.08.20 14:20
  • 一汽解放とチャイナ・ユニコムが提携

    中国第一汽車集団傘下の商用車メーカー、一汽解放汽車は14日、中国聯合網絡通信集団(チャイナ・ユニコム)と戦略提携した。コネクテッドカー(つながる車)やクラウドコンピューティング、ビッグデータなど広範囲で協力していくという。

    2019.08.19 13:30
  • 米商務省がファーウェイ禁輸猶予を11月まで延長か

    ロイター通信は米商務省が中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)に対する米製品の輸出禁止措置の猶予期間を11月まで90日間延長する方針だと報じた。ファーウェイへの制裁を米中貿易摩擦の取引材料として使いたい思惑があるとみられる。

    2019.08.19 12:30
  • アリババ集団、業績好調も政情不安で香港上場延期か

    米ニューヨーク・ポスト(電子版)によると、中国アリババ集団が香港取引所への上場の延期を検討していることが15日分かった。香港の政情不安などを受けて上場計画を再考しているとみられる。同社が15日に発表した2019年4~6月決算は、純利益が243億7500万元(約3700億円)で前年同期比で約3倍となるなど好調だった。

    2019.08.19 12:25
  • テンセントが米ユニバーサル・ミュージックに出資へ

    7日付け澎湃新聞は、中国の騰訊控股(テンセント)が仏メディア大手ビベンディ傘下の音楽大手米ユニバーサル・ミュージック・グループ(UMG)に出資を計画していると報じた。ビベンディが発表した。

    2019.08.13 10:20
  • 滴滴が万達酒店と配車で提携

    第一財経日報などによると中国配車サービス最大手の滴滴出行は7日、ホテル運営を手掛ける万達酒店及度假村と提携した。滴滴の高級車配車サービスで空港とホテルの間の送迎を行う。宿泊と配車のセット販売も可能になる。

    2019.08.09 12:15
  • アリペイで電子結婚証の取得可能に

    中国アリババ集団系の電子決済サービス「支付宝(アリペイ)」は6日、浙江省や江蘇省など5省市で婚姻を証明する公的証書「結婚証」の電子版の発行サービスを始めた。新華社が報じた。

    2019.08.08 18:30
  • 紐劢科技、自動運転タクシーを上海などで実験

    澎湃新聞は6日、自動運転技術の開発を手掛ける紐劢科技が自動運転タクシーの実証実験を始めると報じた。上海市や浙江省など長江デルタ地域で「レベル4」の自動運転技術を搭載したタクシーを利用する。

    2019.08.08 18:25
  • SWIFTが北京に全額出資子会社

    金融機関間の国際決済ネットワークを運営する国際銀行間通信協会(SWIFT)は6日、中国・北京市に全額出資子会社を設けたと発表した。人民元を国際通貨として受け入れ利用を促進する狙い。

    2019.08.08 13:15
  • ファーウェイが「天才」新卒に破格年俸

    中国の華為技術(ファーウェイ)が破格の年俸で優秀な若手人材の確保を進めている。任正非・最高経営責任者が「天才少年」を集めるよう号令をかけ、今年に入ってすでに人工知能分野などで博士号を持つ8人を年俸約90万~約200万元(約1350万〜3000万円)で採用したという。

    2019.08.07 17:50
  • 網易がeスポーツに50億元投資

    澎湃新聞は、ポータルサイト「網易(ネットイース)」を運営する広州網易計算機が3日、ゲーム対戦競技(eスポーツ)の産業団地を上海市青浦区に建設すると明らかにしたと伝えた。投資額は50億元(約752億円)超としている。

    2019.08.07 17:40
  • 蘇寧が広州のサークルK事業買収

    澎湃新聞は、家電量販大手の蘇寧易購集団(江蘇省南京市)傘下のコンビニエンスストア「蘇寧小店」が5日、香港の馮氏集団(フォン・グループ)から広東省広州市で展開する「サークルK(OK便利店)」事業を取得すると発表した。サークルKは広州で60店以上展開している。

    2019.08.07 17:30
  • 滴滴出行、自動運転部門分社化

    中国ライドシェア最大手の滴滴出行は5日、自動運転部門を分社化すると発表した。技術開発投資を増やし企業間提携を加速する狙い。上場準備の一環との見方もある

    2019.08.06 15:40
  • 7月の香港PMI、09年3月以来最低

    英IHSマークイットが5日発表した、7月の香港購買担当者指数(PMI、季節調整済み)は43.8と景況判断の節目となる50を大きく割り込んだ。前月から4.1ポイント下落し2009年3月以降で最低。「逃亡犯条例」改正を巡る抗議活動の激化を背景に企業マインドの落ち込みが顕著だ。

    2019.08.06 15:35
  • 「農産物輸入停止」「為替操作国認定」、米国交渉が深刻化

    中国商務省は6日、米国からの農産品の購入を一時停止すると発表した。トランプ米大統領が対中制裁関税「第4弾」の発動を表明したことへの制裁措置。米国は中国を「為替操作国」に認定した。5日の米国株式市場でダウ工業株30種平均は今年最大の下げ幅となった。

    2019.08.06 14:30
  • 英BPと滴滴出行がEV充電ネットワーク合弁

    英石油大手BPと中国配車サービス最大手の滴滴出行は1日、合弁で中国全土に電気自動車(EV)向けの充電設備ネットワークを整備していくことで合意したと発表した。

    2019.08.05 13:00
  • 香港で5日ゼネスト、170便欠航

    複数の香港メディアは5日、同日に呼び掛けられているストライキに幅広い業界の従業員が応じていると報じた。民主派労働団体の香港職工会連盟(職工盟)は傘下の組合95団体の大部分がストに応じると発表。キャセイパシフィック航空など航空各社は170便の欠航を決めた。新華社や人民日報は香港デモを非難する記事を掲載しており、中国政府の態度は硬化している。

    2019.08.05 12:10
  • 中国が米国の追加関税第4弾に報復明言、元安が進行

    中国政府は、トランプ米大統領が表明した年額3000億米ドル(約32兆円)相当の中国からの輸入品に新たに10%の追加関税を9月1日から課す制裁措置の第4弾に対して、米中首脳会談による合意事項に著しく背くと非難し報復を明言した。米中貿易戦争の激化を受けて5日の為替市場は急速に元安が進行しており、1ドル7元台と11年ぶりの安値水準になっている。

    2019.08.05 12:05
  • 人民解放軍が香港デモ鎮圧訓練の動画を公開

    中国人民解放軍の香港駐留部隊は1日、デモ鎮圧訓練の様子などを含んだ英語字幕付き動画をソーシャルメディアで公開した。長期化している香港デモに対する警告の意味合いがあるとみられる。

    2019.08.02 17:35

その他の支局

あなたにおすすめ

  • は、日経ビジネス電子版の有料会員のみご利用できます
    は、日経ビジネス電子版の有料会員のみご利用できます
    は、日経ビジネス電子版の会員のみご利用できます
    フォロータグ一覧
    キャンセル

    日経ビジネス語録

    どんな将来になっても、人間力というアナログの力の大切さは変わらない。

    筒井 義信 日本生命保険会長