1. TOP
  2. 上海支局
グローバルダイジェスト
上海支局
  • 華為の任CEO、英国投資拡大に意欲

    通信設備・機器世界最大手、中国・華為技術(ファーウェイ)の任正非最高経営責任者(CEO)は18日、英BBCの取材に「ファーウェイは英国でさらに多くの投資を行うだろう」と述べた。英国は次世代通信規格「5G」においてファーウェイ製品を使用してもリスクを抑制できると判断したと英フィナンシャル・タイムズなどが伝えている。

    2019.02.20 16:10
  • BYD、ブラジルでモノレール

    中国自動車メーカーの比亜迪(BYD)は18日、自社開発のモノレールをブラジル北東部バイーア州で建設する契約を13日に正式に結んだと発表した。

    2019.02.20 16:05
  • 中国科学院、時速350Km走行の2階建て高速鉄道

    科技日報によると中国科学院は18日、次世代の高速鉄道列車のコンセプト模型を公開した。2階建てながら時速350Kmでの走行が可能という。

    2019.02.20 16:00
  • TikTok中国版、自社開発ゲームを追加

    北京字節跳動科技(バイトダンス)は18日、動画投稿アプリ「抖音(ドウイン、日本版の名称はTikTok)」の中で遊べるミニゲームを追加した。同社はゲームなどのソフトをアプリ内で遊べる機能は提供していたが、自社開発のゲームは初めてという。

    2019.02.20 11:00
  • 中国新車販売、1月15.8%減

    中国汽車工業協会は18日、1月の新車販売台数が前年同月比15.8%減の236万7300台だったと発表した。7カ月連続で前年実績を割り込んだ。

    2019.02.19 10:25
  • 配車アプリの「曹操専車」が名称を変更

    自動車メーカーの浙江吉利控股集団傘下のインターネット配車アプリ「曹操専車」は14日、サービス名を「曹操出行」に変更した。中国のハイヤーにあたる「専車」という名称から変えたことから、ライドシェアリングなどより幅広いサービスに参入する可能性も指摘されている。

    2019.02.19 09:30
  • ZTE、今年前半に5G携帯を発売

    通信機器世界大手の中国・中興通訊(ZTE)は18日、今年前半に中国や欧州市場で次世代通信規格の第5世代(5G)対応携帯電話を発売すると発表した。2月25日からスペインで開かれる「モバイル・ワールド・コングレス(MWC)」で披露する。

    2019.02.18 16:00
  • アント・フィナンシャル、英決済サービス会社を買収

    中国アリババ集団傘下の金融会社のアント・フィナンシャルは英決済サービスのワールドファーストの買収を完了した。北京商報などが14日に報じた。アント・フィナンシャルが運営する「支付宝(アリペイ)」を英国でも拡充していく狙い。

    2019.02.18 11:00
  • 上海第3空港、海門市に

    界面新聞が14日伝えたところによると、上海エリア第3の空港の建設地が江蘇省南通市の県級市である海門市に決定したもようだ。上海浦東国際空港、上海虹橋国際空港に次ぐ空港となり、計画面積は20平方キロメートル。年間旅客数は延べ5000万人を計画する。

    2019.02.15 17:00
  • スマホのvivo、新ブランドを展開へ

    「vivo(ビボ)」ブランドの携帯電話端末を展開する維沃移動通信は短文投稿サイト「微博」の公式アカウントに「iQOO」という新ブランドの公式アカウントを設けた。毎日経済新聞などが12日に報じた。高価格帯を狙った新ブランドとみられる。

    2019.02.14 15:40
  • 海馬汽車、販売低迷で上場廃止リスク浮上

    中国の海馬汽車集団は12日、1月の販売台数が前年同月比87.5%減の1327台にとどまったと発表した。界面新聞が報じた。生産台数は92.5%減の731台だった。業績悪化に歯止めがからず、上場廃止のリスクも取り沙汰されている。

    2019.02.14 15:19
  • 中国人の海外渡航、18年は14.7%増

    中国文化観光省が12日に発表した2018年の観光統計によると中国人の香港・マカオ・台湾への渡航を含む海外渡航は前年比14.7%増となる、のべ1億4972万人だった。海外から中国を訪れた旅行者は同1.2%増の1億4120万人。

    2019.02.14 14:38
  • 蘇寧易購が万達百貨を買収

    中国の家電量販大手で電子商取引に強みを持つ蘇寧易購集団は12日、大連万達集団傘下の万達百貨から全37店舗を買収すると発表した。オンラインとオフラインの融合を加速する狙い。

    2019.02.13 13:05
  • 同仁堂子会社に業務停止命令

    中国漢方薬店の北京同仁堂は12日、北京市大興区食品薬品監督管理局が子会社の北京同仁堂蜂業に対し、5年間の業務停止命令とする行政処分を下したと発表した。蜂蜜の生産日を偽装する不正が見つかっていた。

    2019.02.13 13:00
  • サムスン重工、大宇造船を買収せず

    韓国造船大手のサムスン重工業は12日、同社筆頭株主で韓国政府系金融機関の韓国産業銀行に対し、大宇造船海洋を買収しないと伝えた。これにより、業界最大手の現代重工業による大宇造船の買収がほぼ固まった。

    2019.02.13 13:00
  • 春節消費1兆元越えも成長率は減速

    中国商務省は10日、春節(旧正月)の連休期間(4~10日)における中国国内の小売・飲食業の売上高は前年比8.5%増の1兆50億元(約16兆3000億円)で、初めて1兆元を突破したと発表した。一方、05年以降で伸び率が2桁を割るのは初めてで成長の減速傾向も鮮明だ。

    2019.02.12 16:05
  • アップルの中国スマホ出荷20%減、昨年第4四半期はシェア4位

    米調査会社IDCが11日に発表したリポートによると、米アップルの2018年10~12月期の中国でのスマホ出荷は前年同期比で約20%減った。中国のスマートフォン市場全体では9.7%減だった。アップルの市場シェアは華為技術、OPPO(オッポ)、Vivo(ビボ)に次ぐ4位。

    2019.02.12 16:00
  • アリクラウド、重慶イノベーション拠点を月末稼働

    重慶日報などによると中国電子商取引最大手のアリババ集団傘下でクラウドサービスを手掛ける阿里雲(アリクラウド)は、重慶市に設置したイノベーション拠点「阿里雲イノベーションセンター(重慶)」を今月末にも正式稼働する。面積は1万1000平方メートル超。スマートシティーやスマート製造などを手掛ける企業40社が入居しており、入居企業数は100社前後に達するとみられる。

    2019.02.12 12:55
  • 滴滴出行、従業員の25%を削減か

    中国配車アプリ最大手の滴滴出行が1万3000人余りの従業員の25%に当たる3000人規模の人員削減を進めている。中国のスタートアップ専門メディア、36Krが1月30日に報じた。18年に運転手による乗客殺害事件が2度発生し、安全対策コストがかさんだほか競合に顧客が流れたという。

    2019.02.01 15:58
  • クアルコム、華為と短期ライセンス契約

    中国ニュースサイトの界面新聞によると米半導体大手のクアルコムは1月30日、中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)と昨年末までに特許に関する短期的なライセンス契約を結んだと明らかにした。契約期間は6月末まで。両社はライセンス契約を巡って争っており、今回の契約締結は一時的な和解。解決に向け、両社は引き続き話し合いを続ける。

    2019.02.01 14:26

その他の支局

あなたにおすすめ

は、日経ビジネス電子版の有料会員のみご利用できます
は、日経ビジネス電子版の有料会員のみご利用できます
は、日経ビジネス電子版の会員のみご利用できます
フォロータグ一覧
キャンセル

日経ビジネス語録

どんな将来になっても、人間力というアナログの力の大切さは変わらない。

筒井 義信 日本生命保険会長