1. TOP
  2. ニューヨーク支局
グローバルダイジェスト
ニューヨーク支局
?
  • 米ゴールドマン、1MDB汚職でソロモンCEOらの報酬カット

    米ウォール・ストリート・ジャーナルは10月22日、マレーシアの政府系ファンド「1MDB」を巡る汚職事件で米金融大手ゴールドマン・サックスは、米司法省など欧米アジアの規制・監督当局と29億ドル超の罰金を支払うことで合意した後、現・元幹部の報酬を1億7400万ドル分、減額または払い戻させる方針だと報じた。現CEO(最高経営責任者)のデービッド・ソロモン氏の2020年の報酬を減額するほか、ロイド・ブランクフェイン元CEOに支払ったボーナスも没収する。

    2020.10.23 08:26
  • 米司法省のグーグル提訴「範囲狭い」、米被害企業は不服

    米ウォール・ストリート・ジャーナルは10月22日、これまで米アルファベット傘下のグーグルが不当に市場を独占していると指摘してきた複数の企業が米司法省による提訴の対象範囲が狭すぎるとして不満を抱いていると報じた。例えば、米旅行口コミサイトのトリップアドバイザーは、グーグルが旅行関連サービスのサイトへの閲覧者の流入を不当に吸い上げていると訴えている。またウォール・ストリート・ジャーナルを所有する米ニューズ・コーポレーションが所属するメディアの業界団体も、グーグルが運営していないサイトにまで広告を掲載するのは反トラスト法(独占禁止法)に違反すると主張してきた。いずれも今回の提訴の対象には含まれていない。

    2020.10.23 08:24
  • 2021年の世界の在宅勤務者34%でコロナ前の倍に、米調査

    ロイター通信は10月22日、米エンタープライズ・テクノロジー・リサーチ(ETR)の調査によると世界で在宅勤務をする人の割合は2021年に2倍になると報じた。新型コロナウイルスの大流行で、在宅勤務は生産性が高まることに気づいた企業が増えたためだという。世界中の1200人のCIO(最高情報責任者)に2020年9月に調査して分かった。大流行前は16.4%だった在宅勤務の割合が21年に34.4%にまで上がると予想している。

    2020.10.23 08:22
  • 米ディズニー出資のクイビ、動画配信サービスを停止へ

    米ウォール・ストリート・ジャーナルは10月21日、近年、注目を集めていた米スタートアップのクイビ・ホールディングスが動画配信サービス「Quibi」を停止すると報じた。元ディズニー幹部で現在は同社のCEO(最高経営責任者)を務めるジェフリー・カッツェンバーグ氏が投資家たちに電話で伝えたという。Quibiは映画などのコンテンツを5~10分の短いチャプターに分割し、スマートフォンに配信するサービスで「人々のエンターテインメントの消費方法に変革をもたらす」と注目を集めていたが、新型コロナウイルスの大流行でスマホでの視聴需要が伸びなかった。米ディズニーや米AT&T傘下のワーナーメディアなどから合計17億5000万ドルの資金を調達していた。

    2020.10.22 10:28
  • 米テスラのEV販売が好調、5四半期連続の黒字を達成

    米ウォール・ストリート・ジャーナルは10月21日、米EV(電気自動車)メーカーのテスラが2020年6~9月期の決算でも3億3100万ドルの純利益を計上し、5四半期連続の黒字となったと報じた。また新型コロナウイルスの大流行前に掲げていた50万台の目標年間販売台数を復活させ、新型コロナの同社への影響が小さいことを印象づけた。

    2020.10.22 10:26
  • 米パーデュー、オピオイド訴訟で83億ドルの支払いに合意

    米ニューヨーク・タイムズは10月21日、米製薬会社パーデュー・ファーマが、依存症のリスクが指摘されている医療用麻薬「オピオイド」の入った同社製の鎮痛剤「オキシコンチン」を巡り、米司法省に約83億ドルの罰金を支払うことで合意したと報じた。同社を所有するサックラー家も2億2500万ドルを支払う。同剤はその依存性から、1999年から現在までに45万人の米国人の死亡原因になったとされる。

    2020.10.22 10:24
  • 米GM、20億ドル投じテネシー州の工場をEV生産に切り替え

    ロイター通信は10月19日、米ゼネラル・モーターズ(GM)がテネシー州スプリングヒルの工場に20億ドルを投じ、EV(電気自動車)の生産工場に切り替えると報じた。高級車ブランド「キャデラック」のEV「リリック」の生産から始める。切り替えが終了すれば、同工場はGMでミシガン州2工場に次ぐ3番目のEV工場となる。

    2020.10.21 08:32
  • 米司法省が反トラスト法で米グーグルを提訴

    ロイター通信は10月20日、米司法省が反トラスト法(独占禁止法)違反で米グーグルを提訴したと報じた。ネット検索と広告において自社の圧倒的支配力を利用して他社との健全な競合を阻害したとして。米政府が問題視してきたテック大手の反トラスト法違反の疑いに関連して最も大きな動きとなる。

    2020.10.21 08:30
  • 米マイクロソフトがスペースXとタッグ、アマゾンに対抗

    米ウォール・ストリート・ジャーナルは10月20日、米マイクロソフトがイーロン・マスク氏率いる米スペースXと組み、商用や政府の宇宙関連ビジネス向けにクラウドサービスの提供を正式に開始したと報じた。スペースXの提案で低軌道上に多数の人工衛星を配備。もっと高い軌道にある衛星も活用してクラウドコンピューティング事業を強化する。3カ月前にライバルのアマゾン・ドット・コムも同様の構想を発表していた。

    2020.10.21 08:27
  • 米国で在宅勤務7カ月、「良かったこと」「悪かったこと」

    ウォール・ストリート・ジャーナルは18日、新型コロナウイルスの感染拡大で米国の多くの企業が在宅勤務を導入してから7カ月が経過し、多くの人が食事や運動をいつでもできる自由を手に入れたと報じた。「ようやくまともな食事ができるようになった」と喜んでいる人もいる。一方で、同僚や顧客に面と向かって会えないフラストレーションもたまってきている。ビデオ会議システム「Zoom(ズーム)」疲れも見え始めている。

    2020.10.20 13:00
  • 学校再開の米NY、コロナ陽性者は驚きの1万6298人中28人

    ニューヨーク・タイムズは19日、一時は新型コロナウイルスの感染爆発が起きた米ニューヨーク市で9月に学校が再開されたが、3週間後の現在でも陽性者が少ないと報じた。1万6348人の学校職員と生徒の検査が実施され、結果が出ているのが1万6298人で、うち陽性は28人だった。同市ではブルックリン地区やクイーン地区など一部地域で感染者の増加が見られたが、すぐに当該地域の公立校120校超を予防策として閉鎖した。全米で第2波到来が懸念される中、感染拡大を防ぐモデルケースとなる可能性がある。

    2020.10.20 13:00
  • 米ラストベルト有権者、新型コロナで「トランプ離れ」か

    ロイター通信は19日、4年前の米大統領選でドナルド・トランプ米大統領が勝利した「ラストベルト(さびた工業地帯)」で、今回は同氏が勝てない可能性が出てきたと報じた。オハイオ在住の共和党支持者、ターニャ・ウォジアックさんは4月に新型コロナウイルスで友人をなくし、トランプ氏の対応に怒りを感じているという。ロイターと米調査会社イプソスの世論調査でも、ペンシルベニアやミシガン、ウィスコンシンなどで民主党候補のジョー・バイデン前副大統領との差がほとんどなくなってきている。

    2020.10.20 13:00
  • EVバッテリーの不具合が次々発覚、米GMやフォードなど

    ウォール・ストリート・ジャーナルは19日、米国でEV(電気自動車)バッテリー関連の不具合が立て続けにおき、EV販売を拡大させたい自動車メーカーの悩みの種になっていると報じた。2020年10月に入ってから米ゼネラル・モーターズ(GM)製のEVで、2人の所有者がバッテリーと思われる場所から火が出たとの苦情を申し立てた。数日前には、米フォード・モーターもバッテリー関連の問題点が見つかったことからPHV(プラグインハイブリッド車)の発売延期に踏み切っている。

    2020.10.20 13:00
  • 米配送業界大わらわ、クリスマス前の配送1日700万個不足

    ウォール・ストリート・ジャーナルは18日、米配送大手のフェデックスとUPSが大手顧客に対して、ホリデーシーズンの配送量がすでに許容を超えているため新たな配送を断っていると報じた。新型コロナウイルスの大流行で宅配ニーズが膨れ上がったため、中小規模の配送会社の予約もすでに埋まっている。感謝祭とクリスマスの間は配送量が1日当たり平均700万個分、不足すると予想されている。

    2020.10.19 13:00
  • 米新型コロナ経済策、選挙前実現には20日の両党合意必須

    ウォール・ストリート・ジャーナルは18日、米民主党のナンシー・ペロシ下院議長がテレビ番組で、20日までに新型コロナウイルス対応の追加経済策を共和党と合意できなければ、選挙前の実現は難しいと話したと報じた。選挙後に持ち越した場合、政治的混乱が予想されるためさらに合意が難しくなる。

    2020.10.19 12:55
  • 米失業保険申請者数、8月以来最高の週89万8000人

    米ウォール・ストリート・ジャーナルは10月15日、米国で2020年10月10日までの1週間で失業保険の申請をした人の数が89万8000人となり、8月下旬以来、最高を記録したと報じた。新型コロナウイルスが大流行する前の最高記録は69万5000人。同年3月の700万人近い数字よりは改善しているものの、依然として高い水準で推移している。

    2020.10.16 07:49
  • 米国で再び新型コロナの感染拡大、1日当たり5万人超

    米ウォール・ストリート・ジャーナルは10月15日、米国で再び新型コロナウイルスの感染者数が増加傾向にあると報じた。10月に入ってから1日当たりの新規感染者数が平均4万8000人程度だったが、13日についに5万人を超えた。原因ははっきりしないが、コロナ対策疲れや気温が低くなってきたこと、州や市による規制緩和が影響しているとみられる。

    2020.10.16 07:46
  • 米副大統領候補ハリス氏、スタッフ感染で旅程キャンセル

    ロイター通信は10月15日、米大統領選の民主党副大統領候補のカマラ・ハリス氏が日曜日までの旅程をキャンセルすると報じた。選挙活動スタッフの一人が新型コロナウイルスに感染したため。ハリス氏自身は15日に受けた検査の結果、陰性だった。16日から選挙戦に向けてノースカロライナ州での演説などを予定していた。

    2020.10.16 07:43
  • 米スタバ、部下の有色人種の割合を役員報酬と連動へ

    米ウォール・ストリート・ジャーナルは10月14日、米スターバックスが差別撤廃のための研修を役員に義務付けるとともに、部下の中に占める有色人種など少数派の割合を役員の報酬に連動させると報じた。同社は2025年までに、米国従業員の3割、店舗と製造工場では従業員の4割を有色人種とする目標を掲げている。

    2020.10.15 07:30
  • 米ゴールドマン、2020年7~9月期で純利益が倍増

    米ウォール・ストリート・ジャーナルは10月14日、新型コロナウイルスの大流行の影響を受けているにもかかわらず、2020年7~9月期決算で米金融大手ゴールドマン・サックスの純利益がほぼ倍に膨らんだと報じた。同期の売上高に相当する純営業収益は107億8000万ドル、純利益は36億2000万ドルだった。新型コロナの大流行で事実上のゼロ金利政策が続いているほか、預金を引き出す人が減少、企業の倒産も横ばいの状況が続いていることなどが影響しているとみられる。

    2020.10.15 07:28

その他の支局

あなたにおすすめ

  • は、日経ビジネス電子版の有料会員のみご利用できます

    週刊ビジネス誌で28年連続 読者数No.1

    各業界に精通した記者50名超が独自取材

    1500社以上の企業事例

    ※日本ABC協会2018年度認証部数(ビジネス分野)

    は、日経ビジネス電子版の有料会員のみご利用できます

    全ての記事が読み放題

    有料会員限定記事10,000以上が読み放題

    雑誌7年分350冊が読み放題 e.t.c

    は、日経ビジネス電子版の会員のみご利用できます

    週刊ビジネス誌で28年連続 読者数No.1

    各業界に精通した記者50名超が独自取材

    1500社以上の企業事例

    ※日本ABC協会2018年度認証部数(ビジネス分野)

    フォロータグ一覧
    キャンセル

    [誌面ビューアー]雑誌のビジュアルなレイアウトをウェブでも

    「誌面ビューアー」は、紙の雑誌と同じレイアウトで記事を読むための機能です。ウェブブラウザーで読みやすいようにレイアウトされた通常の電子版画面とは異なり、誌面ビューアーでは雑誌ならではのビジュアルなレイアウトでご覧いただけます。スマートフォン、タブレットの場合は専用アプリをご利用ください。 詳細を読む

    ご利用条件:
    有料会員限定

    [クリップ機能]お気に入りの記事を保存しよう

    「クリップ機能」は、また読みたいと思った記事や、後からじっくり読みたいお気に入りの記事を保存する機能です。クリップした記事は、メニューから「マイページ」を開き「クリップ」を選ぶと一覧で表示されます。 詳細を読む

    ご利用条件:
    有料会員限定

    [有料記事の閲覧]登録会員(無料)でも一定本数読める

    日経ビジネス電子版では、閲覧を制限している状態を「鍵が掛かっている」と表現しています。有料会員としてログインすると、鍵の有無にかかわらず全ての記事を閲覧できます。登録会員(無料)でも、月に一定本数、鍵付き記事をお読みいただけます。 詳細を読む

    ご利用条件:
    登録会員

    [コメント投稿]記事対する自分の意見を書き込もう

    記事の内容やRaiseの議論に対して、意見や見解をコメントとして書き込むことができます。記事の下部に表示されるコメント欄に書き込むとすぐに自分のコメントが表示されます。コメントに対して「返信」したり、「いいね」したりすることもできます。 詳細を読む

    ご利用条件:
    登録会員以上かつリゾーム登録済み

    [記事への評価]参考になったかどうかを読者が投票

    記事末尾の「投票」ボタンを押すことで、その記事が参考になったかどうかを投票する機能です。投票できるのは1記事につき1回のみ。投票の結果はすぐに反映され、トップページの記事リストなどにも表示されます。評価の高い記事を選んで読むといった使い方ができます。 詳細を読む

    ご利用条件:
    登録会員以上

    [連載フォロー]気になる記事の続きを見逃さない

    「この連載の続きが読みたい」「この議論の展開を見届けたい」と思った時に便利な機能です。「連載をフォロー」「シリーズをフォロー」は、その連載の新着記事が配信された際に、「議論をフォロー」は、その議論に新しいコメントがついた際に通知されます。 詳細を読む

    ご利用条件:
    登録会員以上かつリゾーム登録済み