1. TOP
  2. ニューヨーク支局
グローバルダイジェスト
ニューヨーク支局
  • グーグルの反トラスト法捜査、競合企業が軒並み協力

    ウォール・ストリート・ジャーナルは24日、米政府が反トラスト法(日本の独占禁止法に相当)違反の疑いでグーグルを傘下に置くアルファベットの調査を進めており、数多くの企業がこの捜査に協力しようとしていると報じた。旅行検索サイトのトリップアドバイザーやレストラン検索サイトのイエルプ、オラクル、ウォール・ストリート・ジャーナルを所有するニューズ・コーポレーションなど。いずれもグーグルの検索エンジンで自社のコンテンツを不利に扱われるなどグーグルの行動を問題視してきた。

    2019.06.25 11:00
  • ファーウェイの米国研究部門、運営の分離を模索

    ロイター通信は24日、華為技術(ファーウェイ)の米国研究部門であるフューチャーウェイ・テクノロジーズが自社の運営をファーウェイから切り離そうとしていると報じた。フューチャーウェイの社員らがロイターに明かした。米政府は5月、米企業との取引を禁じるリストにファーウェイを記載。これを受けてフューチャーウェイは、ファーウェイの社員がオフィスに入ることを禁止し、社内システムも新しくして社員にファーウエイの名やロゴを使用することを禁じた。だが、ファーウェイの子会社であることに変わりはないという。

    2019.06.25 10:00
  • アマゾン、美容師向け美容品市場に参入

    ロイター通信は24日、アマゾン・ドット・コムが美容師など免許を必要とする専門家向け美容品の取り扱いを始めたため、同商品を扱うサリー・ビューティー・ホールディングスやウルトラ・ビューティーといった関連小売りの株価が下落したと報じた。アマゾンは昨年からこうしたニッチ市場や規制市場への参入に動いている。昨年は、ドラッグストア市場に参入し、CVSなどの大手チェーンの株価を大幅に下落させた。

    2019.06.25 08:50
  • 米商務省、新たに中国企業を禁輸対象に指定へ

    ニューヨーク・タイムズは21日、米商務省が新たに中国の4社と1機関を米国の国家安全保障上、問題があるとして「エンティティー・リスト」に追加すると報じた。追加されるのは中国政府系のスーパーコンピューター大手、曙光信息産業など。米国の企業はリストに載った企業などに米商務省の許可なしに製品を輸出できなくなる。

    2019.06.24 15:30
  • 5G機器の設計・製造を中国以外で、米政府検討

    ウォール・ストリート・ジャーナルは23日、ドナルド・トランプ政権が米国で使用する次世代通信「5G」を中国以外の設計と生産で実現できないか調査を進めていると報じた。10月までに詳細を詰める。米政権が中国製通信機器の使用を事実上、禁止していることで、フィンランドのノキアやスウェーデンのエリクソンなどが米国内のシェアを拡大させているが、両社の機器でも中国で設計・生産したものについては認められなくなる可能性がある。

    2019.06.24 14:05
  • アマゾンの宅配ドローン、火事などの異常も監視

    ロイター通信は21日、アマゾン・ドット・コムが米特許商標局に申請した特許によると、同社が宅配用に用いるドローンは顧客情報の収集のために顧客宅のビデオ撮影もできると報じた。窓ガラスが割れている、ガレージのドアが開いているといった異常や、火事なども監視する。ただし、ジオフェンス(仮想的な境界)を超えた情報は削除されるという。

    2019.06.24 14:00
  • アップル、生産の一部を中国から東南アジアへ移転か

    ウォール・ストリート・ジャーナルは20日、関係者の話として、アップルがサプライヤーを通じて、いくつかの製品の組み立てを中国外の工場に移したとしたら、どのような影響が出るかを調査していると報じた。大規模に生産地を変更するには数年の期間を要するため、いくつかの製品の組み立ての3分の1程度を東南アジアなどの中国以外の地域に移せないか、可能性を探っているという。

    2019.06.21 14:00
  • スラックが上場、一時は時価総額250億ドル超え

    ロイター通信は20日、ビジネス対話アプリのスラック・テクノロジーズがニューヨーク証券取引所に上場し、一時は参考価格の26ドルを60%近く上回る41ドルを付け、時価総額が250億ドルを超えたと報じた。新株を発行して新たな資金を得る伝統的な上場手法ではなく、既存の株を登録する「ダイレクト・リスティング」と呼ぶ手法を採用した。まだ利益を上げていないにも関わらず売上高の50倍の評価を勝ち取ったことで、ダイレクト・リスティングの手法が今後、注目を集める可能性がある。

    2019.06.21 13:15
  • S&P500が最高値、利下げや米中交渉再開への期待で

    ロイター通信は20日、同日のS&P500種株価指数が史上最高値を記録したと報じた。前日に米連邦準備理事会(FRB)が政策金利の据え置きを発表し、早期利下げの可能性も示唆したことや、来週、日本で開かれる20カ国・地域首脳会議(G20サミット)で米中貿易交渉が再開されることへの期待感から。

    2019.06.21 13:10
  • フェイスブックCOO、「2016年大統領選ではロシア介入想定せず」

    フェイスブックのCOO(最高執行責任者)を務めるシェリル・サンドバーグ氏は19日、仏カンヌで開かれたイベントで登壇し、「2016年の大統領選ではロシアなど海外からの介入を想定していなかった」と明かした。ウォール・ストリート・ジャーナルが同日、報じた。ハッカーを撃退する準備はできていたが、ロシアなど海外から発信される誤った情報への対策はできていなかったという。その後、海外の政府と連携し、選挙戦への介入がないように第三者機関を入れて事実確認をするなど対抗手段を講じてきたという。

    2019.06.20 16:00
  • ハーレー、2020年末に中国で中小型二輪車を発売へ

    ロイター通信は19日、ハーレーダビッドソンが中国の浙江銭江摩托(銭江モーター)と提携し、これまで同社の代名詞だった大型二輪車ではなく中小型の二輪車を中国市場向けに生産すると報じた。ハーレーは2018年に米国外での生産を増やして海外市場を開拓する計画を発表し、ドナルド・トランプ米大統領から敵視されていた。同社は27年までに売り上げの半分を米国外市場で上げる目標を立てている。銭江モーターと生産する新型車は20年末に中国で発売する予定。

    2019.06.20 12:30
  • FRB、景気後退の兆候あれば年内の利下げを示唆

    ロイター通信は19日、米連邦準備理事会(FRB)が年末までに、景気減速の兆候が見られれば最大0.5ポイントの利下げを実施する可能性があると報じた。連邦公開市場委員会では金利の据え置きを決めたが、これまでの「我慢する」という態度を一変させ、「(10年近く続く好景気を)維持するためなら適切な行動をする」と明言した。

    2019.06.20 11:20
  • ケロッグ、菓子事業の一部売却でリストラを実施

    ウォール・ストリート・ジャーナルは18日、食品大手のケロッグが菓子事業の一部売却に伴い、北米で勤務する従業員150人を解雇すると報じた。「キーブラー・クッキー」を含むいくつかのブランドをイタリアのフェレロ・グループに13億ドルで売却する。北米事業の再編は2020年末に終える予定で、リストラ費用として3500万ドルを計上する。

    2019.06.19 12:00
  • フェイスブック、仮想通貨「リブラ」を発表

    ロイター通信は18日、フェイスブックが「リブラ」と呼ぶ仮想通貨(暗号資産)を使った金融サービスを始めると報じた。マスターカードやペイパル、ウーバーなど28の提携企業とスイスのジュネーブに「リブラ協会」を設立する。銀行の参加はまだない。リブラとは、古代ローマで重さの単位として使われていたほか、「正義」を意味するてんびん座、フランス語では「自由」を意味する。2020年前半にサービスを開始する。

    2019.06.19 11:00
  • 大阪のG20に先立ち、米中が貿易協議を再開へ

    ロイター通信は18日、ドナルド・トランプ大統領が同日に中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席と電話で会談し、来週、大阪で開かれる20カ国・地域(G20)首脳会議に先立ち、両国の政府代表者が貿易協議を再開することで合意したと報じた。米中の貿易摩擦で両国の市場が冷え込むのを抑え、活気づける狙いがあるとみられる。

    2019.06.19 11:00
  • 歌詞掲載サイトのジーニアスがグーグルを告発、「歌詞盗んだ」

    解読しにくいヒップホップやポップスの歌詞を消費者や音楽サイトなどに提供しているジーニアス・メディア・グループは、グーグルに過去数年間にわたって歌詞を盗まれてきたと告発、グーグルはこれを否定している。ウォール・ストリート・ジャーナルが16日に報じた。2016年にジーニアスのエンジニアが、グーグルのサイトに掲示されている歌詞のアポストロフィーの傾き(斜めか垂直か)がジーニアスのパターンと同じであることを発見、疑念を抱くようになったという。

    2019.06.18 13:30
  • インテルやクアルコム、「ファーウェイにチップ売らせて」とロビー活動

    ロイター通信は16日、中国の華為技術(ファーウェイ)のスマートフォンにチップを提供しているインテルやクアルコムなどの半導体メーカーが米政府にロビー活動を展開していると報じた。商務省がファーウェイをブラックリストに記載しているため、米国企業はファーウェイに米政府の承認なく製品を提供できない。米半導体メーカーは、スマホやサーバー向けのチップは汎用品のため、5G向けと異なり安全保障上の問題はないと強調。米国企業を守るためにも販売を許可してほしいと訴えている。

    2019.06.18 13:00
  • ドミノ・ピザ、ヒューストンで自動運転車による宅配実験へ

    テッククランチは17日、宅配ピザのドミノ・ピザがテキサス州ヒューストンで自動運転車によるピザ宅配の実証実験を始めると報じた。自動配送車開発のスタートアップ、ニューロと提携して実現する。ニューロはグーグル(現在はウェイモ)で自動運転開発プロジェクトに参加していた2人が設立。ニューロの開発チームにはアップルやウーバーテクノロジーズ、ゼネラル・モーターズ、テスラの出身者が参加している。2月にはソフトバンクから10億ドル近い出資を受けた。ピザはスマートフォンのアプリかパソコンのサイトから注文でき、自動運転車の宅配を希望する場合は選択するとPINコードが付与される。到着した車両にコードを打ち込むとドアが開いてピザを取り出せる仕組み。

    2019.06.18 11:30
  • ボーイングの最新大型機、GE製エンジン不具合で出荷に遅れか

    ロイター通信は17日、ボーイングが来年の出荷を予定していた世界最大級の新型機「777X」のエンジンに不具合が見つかったと報じた。部品メーカーのGEアビエーション製のエンジンに想定外の摩耗が見つかったという。修繕までには数カ月を要するといい、ボーイングにとっては「737MAX」の運航停止に続く痛手。

    2019.06.18 09:00
  • 独VWのテネシー工場、労働組合の設立に失敗

    ニューヨーク・タイムズは14日、独フォルクスワーゲンのテネシー工場で労働組合を設立する試みが失敗に終わったと報じた。同日に実施された従業員による選挙で、1600人中833人が設立に反対した。全米自動車労働組合はかねて米南部にある工場での組合設立に力を注いできたが、外資系の工場では失敗が続いている。地元の政治家が工場誘致のために組合設立に反対していることが大きい。

    2019.06.17 14:30

その他の支局

あなたにおすすめ

は、日経ビジネス電子版の有料会員のみご利用できます
は、日経ビジネス電子版の有料会員のみご利用できます
は、日経ビジネス電子版の会員のみご利用できます
フォロータグ一覧
キャンセル

日経ビジネス語録

どんな将来になっても、人間力というアナログの力の大切さは変わらない。

筒井 義信 日本生命保険会長