1. TOP
  2. ニューヨーク支局
グローバルダイジェスト
ニューヨーク支局
  • ウィスコンシン州、フォックスコン工場建設で契約撤回か

    ウィスコンシン州のトニー・エバーズ知事は17日、州が2017年に台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業傘下の富士康科技集団(フォックスコン)と交わしていた工場建設の契約について考え直す意向を示した。フォックスコンは100億ドルを投じてテレビのパネル工場を建設する計画を立てていたが、採算が合わないため今年初めから研究開発拠点への変更を検討していた。州は15年間で40億ドル分の税控除や補助金を提供する約束をしていたが、これを撤回する可能性がある。ニューヨーク・タイムズが17日に報じた。

    2019.04.19 14:30
  • マスク氏とSECの話し合い、結論出ず1週間延長

    連邦地裁のアリソン・ネイサン裁判官は18日、テスラのイーロン・マスクCEO(最高経営責任者)が2月19日にツイッターに投稿した内容を巡り、マスク氏と米証券取引委員会(SEC)で進めている話し合いに決着が着かないため、期間を1週間伸ばして4月25日までとした。ロイターが18日に報じた。

    2019.04.19 14:00
  • 米で試験飛行中のMRJ、業界再編が追い風に

    ブルームバーグは17日、先月からモーゼスレイクで型式証明(TC)飛行試験を実施している三菱航空機のジェット旅客機「MRJ(三菱リージョナルジェット)」は、絶好のタイミングで出荷されることになりそうだと報じた。アジアや欧州で、都市同士をつなぐ細かな航空網を築きたいとのニーズが高まっているほか、ブラジルの小型旅客機最大手のエンブラエルが小型機事業をボーイングに売却するなど業界の再編が進んでいるため。

    2019.04.19 13:40
  • ノキア、米のファーウェイ排除の陰で勢力拡大

    ドナルド・トランプ政権が中国・華為技術(ファーウェイ)製品の排除を国内外に呼び掛けている陰で、フィンランドのノキアが勢力を拡大している。ウォール・ストリート・ジャーナルが16日に報じた。次世代通信規格「5G」の導入が世界中で進む中、関連製品でファーウェイに次ぐ世界第2位のノキアが中国を攻めている。中国の合弁会社で雇用する従業員は台湾や香港も含めて1万7000人で、フィンランドの3倍の数になる。中国の売り上げは昨年、全体の10%に上った。

    2019.04.19 09:00
  • 飛行機内の次世代「地図」、パナや米ベンチャーが開発

    ウォール・ストリート・ジャーナルは17日、フライト中の航空機内で見られる地図の次世代型が誕生し、航空会社に新たな収益源をもたらすだろうと報じた。ゲーム技術を応用、ソーシャルメディアとも連携する。飛行機の正確な位置はもちろん、例えば富士山の情報、ディズニーランドで最も乗られているアトラクションのトップ10、機内にいるフライトアテンダントの話す言語、食事の提供時間など多様な情報を得られる。到着後の旅行やチケット購入もできるようになる。パナソニックや米フライトパス3Dが開発しており、来年度までに出荷される予定。

    2019.04.19 08:30
  • アップルが自動運転向けセンサーの供給網構築に本腰

    ロイター通信は17日、アップルが少なくとも4社のセンサーメーカーに対して、自動運転用のライダー調達に向けてサプライヤー評価を始めていると報じた。アップルがハードウエアの供給網構築に乗り出していることは、自動運転の開発競争に加わろうとしていることの証左となる。

    2019.04.18 14:00
  • ビデオ会議のズーム、公募売り出し価格を引き上げ

    テッククランチは16日、ビデオ会議システムのズーム・ビデオ・コミュニケーションズが18日に予定している新規株式公開(IPO)の公募売り出し価格を33~35ドルに設定すると報じた。これまで予定していた28~32ドルから引き上げた。同社はユニコーン企業としてはめずらしく黒字化している。

    2019.04.18 13:30
  • バンカメ、消費者向け好調で2019年1~3月期の利益拡大

    ウォール・ストリート・ジャーナルは16日、バンク・オブ・アメリカの2019年1~3月期の純利益は73億1000万とドル前年同期の69億2000万ドルから増加したと報じた。堅調な米経済の影響で消費者向け事業の利益が25%伸びた。

    2019.04.18 13:20
  • 動画配信大手Hulu、AT&Tから9.5%の自社株買い戻し

    ロイター通信は15日、動画配信大手のHulu(フールー)が9.5%の自社株をAT&Tから14億3000万ドルで買い戻すと報じた。フールーの資産価値は150億ドルとなる。買い戻しの結果、同社株の60%を保持するウォルトディズニーの支配が強まることになる。

    2019.04.17 12:30
  • ゴールドマン・サックス、NYで98人を解雇へ

    ゴールドマン・サックスがニューヨークで雇用している従業員のうち98人を解雇する。従業員全員の仕事ぶりを評価する「all-staff review」を実施し、全体の5%を解雇するのが恒例。「新しい人材を確保するため」という。同社は15日、2019年1~3月期決算で売上高が前年同期比13%減だったと発表したばかりだった。ロイター通信が同日、報じた。

    2019.04.16 11:45
  • リフト株の下げ続く、公開価格の22%安

    リフトが株価を下げ続けている。15日の終値は公開価格を22%も下回る56.11ドルだった。この理由に新規株式公開(IPO)当日だけでなく2日目も12%下落の大幅安だったこと、同社に冷静な目を向けるアナリストのリポートが多く出ていること、空売りが多いとのうわさが流れていることが挙げられる。ウォール・ストリート・ジャーナルが15日に報じた。

    2019.04.16 11:20
  • サウスウエスト航空など、「737MAX」使えず機材不足に

    ロイターは14日、サウスウエスト航空やアメリカン航空などが夏の旅行シーズンを前に機材不足に悩んでいると報じた。事故を起こしたボーイング機「737 MAX」を使用できなくなったため。特にサウスウエスト航空は6月8日~8月5日まで、1日4200便のうち160便をキャンセルせざるを得ず、業績への影響は必至。

    2019.04.15 10:00
  • ルーカスフィルム、米で注目のSTEM教育に150万ドル寄付

    ディズニーと傘下のルーカスフィルムは今年12月に公開予定の新作「スターウォーズ/ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー」の発表会後、150万ドルを非営利団体のFIRST(ファースト)に寄付すると発表した。ファーストはSTEM教育を推進する団体。STEMとはScience(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Mathmatics(数学)の略称で、同団体にはアマゾン・ドット・コムもロボティクスの開発で提携を発表したばかりだった。テッククランチが13日に報じた。

    2019.04.15 09:00
  • 玩具マテルの子会社、30人死亡の揺りかごを自主回収

    米国消費者製品安全委員会は12日、玩具メーカーのマテル傘下の乳幼児玩具ブランド「フィッシャープライス」が同社製の揺りかご「Rock`n Play(ロックンプレー)」約470万台の自主回収に踏み切ったと発表した。ロイターが同日、報じた。ロックンプレーは折りたたみ式の揺りかごで、過去に30人以上の乳児が使用中に死亡していた。

    2019.04.15 08:20
  • ウォルマート幹部、アマゾンに対し「税金を払え」

    ロイターは11日、アマゾン・ドット・コムのジェフ・ベゾスCEO(最高経営責任者)が株主への手紙に「従業員に対する福利厚生と(競合よりも高い)最低時給15ドルで競合に挑む」と書いたことに対し、ウォルマート・ストアーズ幹部のダン・バートレット氏が「なら税金を払ったらどうだ?」とツイートしたと報じた。アマゾンは研究開発費の控除などを活用し、2018年12月期の法人所得税を払わず米国内で批判を浴びていた。

    2019.04.12 19:30
  • ウーバーIPO書類に「収益性は確保できないかも」の記述

    ロイター通信は11日、ウーバーテクノロジーズが米証券取引委員会(SEC)に提出した新規株式公開(IPO)の書類に「将来への投資がかさみ利益性の確保はできないかもしれない」と書かれていたと報じた。同社は2018年12月期、30億3000万ドルの営業赤字を出していた。

    2019.04.12 19:25
  • ファーウェイ、米政府の「行き過ぎた行動」に遺憾の意

    中国の華為技術(ファーウェイ)のサイバーセキュリティー責任者は11日、米国務省のロバート・ストレイヤー次官補が10日に記者を集めて「5G通信網の構築でリスクを重視する国はファーウェイ製品の使用を禁じるだろう」と話したことに遺憾の意を表明した。「たった1企業を追い出すために米政府が記者会見まで開くのは行き過ぎている」とした。ロイターが11日に報じた。

    2019.04.12 19:20
  • サムスンの折り畳み式スマホ、ディスプレーに不具合

    ロイターは17日、サムスン電子が販売予定の折り畳み式スマートフォン(スマホ)のサンプル品に、ディスプレー関連の不具合が何件か報告されていると報じた。発売前にジャーナリスト向けにサンプル品を提供していたが、その1~2日後に不具合が報告された。本のように内側に折る設計は「ディスプレ―にダメージを与えやすいのではないか」と以前から指摘されていた。米国では4月26日に発売予定だったが、延期の可能性も出てきた。

    2019.04.12 10:00
  • 超党派議員らがEV向け税控除の延長法案を提出

    ロイターは10日、超党派上院議員らがEV(電気自動車)向けの税控除を延長する法案を提出したと報じた。現行の控除額は、同じメーカーの累計販売台数が20万台を超えるまでは7500ドル、超えた後は15カ月間で徐々に減る。テスラは今年1月に、ゼネラル・モーターズは同4月に控除額が3750ドルに減っていた。法案が通過すれば、20万台を超えた後もさらに40万台分に対して7000ドルの税控除を受けられる。

    2019.04.11 13:00
  • Tモバイル、次世代テレビ視聴サービスを14日から提供へ

    Tモバイルは10日、シカゴやニューヨークなどで次世代テレビ「TVision Home」の提供を4月14日から順次、始めると発表した。月額100ドル~(同社の通信サービスを利用している場合は9.99ドル引き)の料金を支払うと、150チャンネル以上のテレビ番組を無線で視聴できるほか、400時間分の録画、スマート・スピーカーによる音声指示などが可能になる。テッククランチが10日に報じた。

    2019.04.11 10:00

その他の支局

あなたにおすすめ

は、日経ビジネス電子版の有料会員のみご利用できます
は、日経ビジネス電子版の有料会員のみご利用できます
は、日経ビジネス電子版の会員のみご利用できます
フォロータグ一覧
キャンセル

日経ビジネス語録

どんな将来になっても、人間力というアナログの力の大切さは変わらない。

筒井 義信 日本生命保険会長