米ニューヨーク・タイムズは12月24日、メキシコで新型コロナウイルスのワクチン接種が同日に始まったと報じた。12月から2021年2月までは医療従事者を対象にワクチンを投与し、その後、高齢者に対象を移す。メキシコではすでに12万人が新型コロナで死亡しているとされるが、検査が十分に行き渡っていないことから実際の数はもっと多いとみられている。