米アマゾン・ドット・コムと同社のアラバマ州の倉庫に勤務する従業員は12月22日、労働組合を結成するかどうかの投票ができる従業員がパートタイムかフルタイムかという種類で合意した。米ニューヨーク・タイムズが23日に報じた。投票できるのはフルタイム従業員と季節労働者で、投票は2021年初頭に実施される見通し。同様の投票がアマゾン社内で実施されるのは2014年以来で、当時は労組を結成しないという決断だった。