米ウォール・ストリート・ジャーナルは24日、クリスマスに向けた「最後の買い物」が佳境を迎えていると報じた。毎年、クリスマス前の土曜日が最もクリスマス向けの買い物が増える時期だが、今年はその土曜日とクリスマスとの間が短い。そのうえ、買い物をオンラインで済ませた人も多く、米フェデックスのラジェシュ・サブラマニアム社長兼COO(最高執行責任者)は「歴史的なピークを迎えている」と話した。