米ウォール・ストリート・ジャーナルは22日、大富豪で元ニューヨーク市長のマイケル・ブルームバーグ氏が2020年の大統領選に向け、同市で準備を着々と進めていると報じた。キャンペーンを率いる人材2人を雇ったほか、同市ではテレビCMもスタート。全米20カ所に事務所を設置し、その運営スタッフの月給に通常の2倍に当たる6000ドルを提示している。