ロイター通信は10日、ウィリアム・バー米司法長官が米フェイスブックや米アマゾン・ドット・コムなど大手テック4社の反トラスト法に絡む調査を来年までには終了させたい意向を示したと報じた。バー長官は「調査は7月から始めたが、非常に早く進行している」と話した。