米自動車大手のゼネラル・モーターズ(GM)は9日、同社が閉鎖したオハイオ州のローズタウン工場を買収したEV(電気自動車)スタートアップ、ローズタウン・モーターズに4000万ドルを貸し出すことで合意した。ロイター通信が同日に報じた。ローズタウン・モーターズは新興EVメーカーのワークホースが10%の株式を保有しており、GMの工場を設備も含めて2000万ドルで購入していた。