ロイター通信は7日、米カリフォルニア州シミバレーで開かれた防衛関連イベントで、米アマゾン・ドット・コム創業者のジェフ・ベゾス氏が米国防総省の情報システムの近代化に向けて同省を支援したいとの考えを示したと報じた。米グーグルは昨年、社員が「軍事への協力は企業理念に反する」として反発し、内乱が起きた。ベゾス氏は、アマゾンの場合は「企業がどんなプロジェクトに携わるかは経営幹部が決める」とした上で、「もし米テック大手が国防総省に背を向ければ、米国は大きな問題に直面することになる」と発言した。