ロイター通信は11月30日、今年のブラックフライデーは店舗よりもオンラインでの販売が旺盛だったと報じた。アドビ・アナリティクスが全米トップ100の小売店のうち80を集計したころ、同日のオンライン販売額は前年に比べて19.6%増の74億ドルだったが、当初予想の76億ドルには満たなかった。また消費者が買い物をする時期にも変化が見られた。ブラックフライデー当日の販売が前年に比べて6.2%減ったのに対して、その前日である感謝祭夕方の販売が2.3%増えた。