米ウォール・ストリート・ジャーナルは11月29日、27日のブラックフライデーに実店舗に足を運んだ人の数は昨年に比べて約半分に激減したと報じた。新型コロナウイルスの感染拡大で、客足は遠のき、代わりにオンライン販売が売り上げを伸ばした。調査会社のアドビ・アナリティクスによると、オンライン販売は昨年よりも22%増の90億ドルに達したとみられる。