ロイター通信は11月23日、米国の人々が26日の感謝祭を前に空港に押しかけていると報じた。米疾病予防管理センター(CDC)などは新型コロナウイルスの感染拡大が米国内で深刻化していることから、渡航制限を呼び掛けている。ところが、22日に空港の保安検査を通過した人の数は、3月にパンデミックが始まって以来、最も多い1日100万人以上を記録した。1日当たりの新規感染者数は16万8000人を超えており、11月23日には1日当たりの死者数も12日連続で1500人を超えた。