ロイター通信は19日、米アマゾン・ドット・コムが同社のサイトで商品を販売するサードパーティーの売り手の取引データを「集合データ」として自社のビジネスに生かしていたと報じた。反トラスト法違反の疑いで同社を調査中の米議会の質問状に対し、同社が回答した。アマゾンは自社商品も販売しているため、サードパーティーの売り手にとっては競合でもある。