テッククランチは19日、米百貨店大手のメイシーズのウェブサイトから顧客情報が盗まれたと報じた。ハッカーが仕込んだマルウエア(悪意のあるプログラム)が、顧客の名前、住所、電話番号に加え、クレジットカードの番号や確認コード、有効期限などをハッカーの元に送り続けていたという。送信期間は今年10月7日から15日までで、同社は「被害者の数は分からないが数千人以上だろう」と話している。