米ニューヨーク・タイムズは17日、米物流大手のフェデックスが「トランプ減税」のおかげで2017年は15億ドルだった納税額を18年はほぼゼロにできたと報じた。創業者でCEO(最高経営責任者)のフレデリック・スミス氏を中心にロビー活動を展開した成果だという。スミス氏は「米経済の復活を望むなら税金を減らして企業による投資を増やすべき」と主張したが、実際、フェデックスの投資額は増えていない。