米ウォール・ストリート・ジャーナルは11月15日、米国で第3波の新型コロナウイルス感染拡大が起きており、過去のどの波よりも被害が深刻だと報じた。これまではニューヨークやシカゴなどの都市部、人口の多いフロリダ州やテキサス州などに集中していたが、今回は地域に限らず流行している。ジョンズ・ホプキンス大学の調査によると、13日には1日当たりの新規感染者数が過去最高となる17万7224人を記録。14日には16万6555人に下がったが、死者数は1300人近くに上った。