米ウォール・ストリート・ジャーナルは14日、米アマゾン・ドット・コムが、米国防総省がクラウドサービスの契約をマイクロソフトと結んだことに対して抗議する考えがあると報じた。契約額は10年間で最大100億ドル。アマゾンが優勢と見られていたにもかかわらず10月、土壇場でマイクロソフトが契約を勝ち取っていた。同社のクラウドサービス部門であるアマゾン・ウェブ・サービス(AWS)は「評価の過程で明らかな欠陥やエラー、疑いようのない偏見が見受けられるため、調査が必要だ」と説明している。