米ウォール・ストリート・ジャーナルは11月12日、米商務省が、中国発の動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」の米国での利用禁止措置に踏み切る予定はないと話したと報じた。米連邦地裁が10月、米政府による利用禁止措置の一時差し止めを命じていたため。TikTokの米運営会社を米国企業が買い取るなどしなければ利用禁止措置を発動すると米政府が表明していた。その期限が11月12日だった。