ロイター通信は11月11日、米大統領選の結果を巡りドナルド・トランプ米大統領が異議を唱えていることが米株式市場にマイナスの影響を与えると考える米投資家はほとんどいないと報じた。実際、ベンチマークとなるS&P500種株価指数は投開票日から6%上昇している。識者は「投資家たちはバイデン氏勝利の結果がひっくり返るとは思っていないようだ」と話す。