米ウォール・ストリート・ジャーナルは11月10日、12月中にも許認可が下りる予定の米ファイザーが開発した新型コロナウイルスワクチンが欧米諸国に普及するまでには数カ月を要するだろうと報じた。多くの国々が予防接種のための仕組みを持つが、データベースは子どもや高齢者が中心で、新型コロナでは若者も含む大規模なデータベースが必要になる。誰が接種を受けたかの情報をどう管理するか、供給そのものは足りるか、予防接種を受けられる施設をどう設置するかなど、課題は山積みだ。