米ウォール・ストリート・ジャーナルは11月9日、米株式市場でダウ工業株30種平均は3%、S&P500種株価指数は1.2%上昇したと報じた。ジョー・バイデン氏の大統領選の勝利と、米ファイザーが独バイオンテックと共同開発中の新型コロナウイルスワクチンが治験で高い効果を上げたとのニュースを市場が好感した。