米ウォール・ストリート・ジャーナルは7日、サウジアラビア政府のファンドがウーバー創業者で元CEO(最高経営責任者)のトラビス・カラニック氏が起こした新会社、クラウドキッチンに4億ドルを出資すると報じた。出資手続きを完了するのは来年1月の予定。クラウドキッチンは、宅配専門のキッチンのみの店舗を運営する会社。サウジアラビアがシリコンバレーの企業に出資するのは、サウジ人ジャーナリストのジャマル・カショギ氏殺害の事件後、初めて。