ロイター通信は3月2日、1980年代から90年代にかけて米ゼネラル・エレクトリック(GE)の経営に携わり、同社を巨大企業に育てたジャック・ウェルチ氏が同日に84歳で死去したと報じた。同氏がCEO(最高経営責任者)を務めた20年間で同社の市場価値は120億ドルから4100億ドルにまで拡大した。