ロイター通信は11月5日、ドナルド・トランプ米大統領が同4日にミシガン、ペンシルベニア、ジョージアなどで開票中止などを求める訴訟を起こしたが、結果への影響はないだろうと報じた。トランプ陣営は同5日、ネバダ州でも訴訟を起こす計画を明らかにしている。専門家によると、こうした訴訟は、仮にジョー・バイデン前副大統領が当選した場合にその確定を遅らせる効果はあっても、結果を変える効果まではないだろうと予想している。