米ウォール・ストリート・ジャーナルは5日、米連邦通信委員会(FCC)がソフトバンクグループ傘下の米スプリントと米TモバイルUSの合併計画を賛成3・反対2で承認したと報じた。賛成に投じたアジット・パイ委員長はニューヨークの米外交評議会で講演し、「スプリントが保有していながらあまり使用していないミッドバンドのスペクトルは米国が5Gを配備する上で役立つ」と話した。