米ウォール・ストリート・ジャーナルは10月27日、米司法省が、次世代金融アプリ向け技術インフラの米プライドを53億ドルで買収する米ビザを反トラスト法(独占禁止法)の疑いで提訴することを検討していると報じた。今後、拡大が見込まれるデジタルでの支払いにおいて競争を阻害する可能性があるとしている。