ドナルド・トランプ米大統領は27日、過激派組織「イスラム国」(IS)の指導者であるアブバクル・バグダディ氏を米軍の特別部隊がシリア北西部で殺害することに成功したと発表した。バグダディ氏は米軍に行き止まりのトンネルに追い詰められ、自爆用のベストを作動させて自殺したという。同大統領は「弱々しく泣きながら死んでいった」とし、自身が掲げてきた安全保障上の最も重要な目的を達成したと話した。ロイター通信が同日に報じた。