ロイター通信は10月26日、米政府が米テック大手に厳しい視線を送る中、米マイクロソフトだけがその視線を上手に回避して100億ドルにも上る仕事をトランプ政権から請け負っていると報じた。そんな同社が今、ひそかにドナルド・トランプ米大統領の対抗馬であるジョー・バイデン前副大統領への献金を増やしている。バイデン氏の選挙委員会への献金額で、同社は4番目にランクインしている。