ロイター通信は10月25日、米ニューヨーク州の新型コロナウイルスの累計感染者数が50万人を越えたと報じた。米国ではカリフォルニア州、テキサス州、フロリダ州に次ぐ4番目。同州では4月に爆発的に感染者が増加したものの、その後は小康状態が続いていた。ただこの4週間でその前の4週間に比べて1日当たりの新規感染者数が増加し、2000人を越える日も出てきた。