ロイターと米調査会社イプソスの世論調査によると、米大統領候補のドナルド・トランプ米大統領とジョー・バイデン前副大統領双方の支持者の10人に4人が、自身の支持者が負けた場合は結果を受け入れたくないと答えた。ロイター通信が10月25日に報じた。その割合は、バイデン氏支持者の43%、トランプ氏支持者の41%。さらに、バイデン氏支持者の22%、トランプ氏支持者の16%が、自身が支持する候補が負けた場合、抗議運動にたとえ暴力が伴ったとしても参加すると答えた。