米ニューヨーク・タイムズは10月21日、米製薬会社パーデュー・ファーマが、依存症のリスクが指摘されている医療用麻薬「オピオイド」の入った同社製の鎮痛剤「オキシコンチン」を巡り、米司法省に約83億ドルの罰金を支払うことで合意したと報じた。同社を所有するサックラー家も2億2500万ドルを支払う。同剤はその依存性から、1999年から現在までに45万人の米国人の死亡原因になったとされる。